読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FB友達の輪5000

FB友達5000人作ろうとする変な爺さんの日記です。訪問頂ければ励みになります。

Facebook 上でなぜやってはいけない

f:id:furiend5000:20161005132844p:plain

私的な内容はシェアを控えた方が・・・・

「病院で入院中の写真」や「新婚旅行先のラブラブ写真など」、あまりに私的な内容はシェアを控えた方が良いだろう。“そんなものを見せられても嬉しくない” という

 

気になる人のページをチェックせずにはいられなくなってしまう。

相手の動向をいちいちチェックしていたら、恋愛に支障が出かねない。ある研究で、元恋人を SNS でストーキングしている人は、精神的回復が遅れるとの結果が出ている

 

ウォールのお祝いメッセージを数えるのはやめた方が良い

どれだけ素敵な誕生日を過ごせるかは、メッセージの数で決まるわけではないから。

 

おバカな内容の投稿は読まない方が・・・・。

投稿した当時は何とも思わなかった内容が、後から読むと恥ずかしくなることがある。

 

タグ付けされた写真を見れば見るほど落ち込むのでやめておこう。

知らない間に友人にタグ付けされた写真の中には、とんでもない顔やポーズで写っているものもある。

 

友達の友達で好みの人がいても、直接相手を知らないのなら・・・・

友達リクエストを送るべきではない。相手が気味悪く思うだけだ。

 

友達とケンカ中に、相手がブサイクに写っている写真を載せるのは反則。

そんなことでさらに友情にヒビが入ってはバカらしい

 

取り残された気分になってしまう

かつての仲良しグループが楽しそうに写っている写真が目に触れないように、フィードを非表示にするか友人のフォローをやめて。

 

悲しかったり落ち込んでいても、暗い内容をタイムラインに投稿するのは・・・・

友達は反応に困るだけ。それに、もし誰もコメントをくれなかったり “いいね!” を押してくれなかったら、余計にヘコむ。

 

それほど仲良くない人にタグを付けてしまうことがある。そんな時は速やかにタグを外そう。

Facebook の顔認識機能はすごいものがある。

 

誰でもカッとなると、感情的な内容を投稿したくなる。

後で落ち着いた時、大抵後悔することになるのでグっと我慢。

 

SNS にアップしたものは、世界に向けて発信しているのと同じことだと心して使用したい。